高級アルコール系シャンプーは要注意

854a2bd5fed69ab2593bdc388c71d070_s
アルコール系シャンプーというのはCMでもよく目にし、大手メーカーからごく一般的に売られているシャンプーのことです。

高級という名前がついているから、なんか良さそう・・・というわけではなく、ここで言う高級とは高価、高品質ということではなく、炭素数の分子量が大きいことを表しています。

アルコール系シャンプーの特徴は何と言ってもまずは価格の安さにあります。

そして使用感も泡立ちがよくスッキリして、洗い上がりの髪がきれいに見えるというメリットもありますが、洗浄力が強すぎるので頭皮に必要な皮脂まで取ってしまうというデメリットもあります。

一昔前によく販売されて使われていたシャンプーは石油系のシャンプーでしたが、環境に悪影響だということで主流になっているのがこのアルコール系シャンプーなのです。

値段が安いからとか、洗い上がりの使用感がなんかいいという理由でアルコール系シャンプーを選んでいる人も多くいますが、やはり安い物には安いなりの理由があります。

特にこの高級アルコール系シャンプーには陰イオン界面活性剤という成分が使用されていて、確かに地球環境には優しい成分なのですが、人体、頭皮、髪という点に対してはあまり良くないのでできれば使用することは避けたいものです。

具体的に高級アルコール系シャンプーを使うとどのようなことが起きてくるのかというと、抜け毛や頭皮の炎症、かゆみといったことが起きてくることもあります。

どうしてもシャワーだけではしっかり洗い落とせずに頭皮に残ってしまうこともあるのです。

使用感だけで言えば泡立ちもよく、洗いあがりもキューティクルに包まれているようなツヤ感が出たりしていますが、裏を返せば洗ったはずなのに何か髪についてるということにも受け止めることもできます。

ただ、安い、使用感がいいという裏には髪によくないこともあるので、なるべくなら髪にいいシャンプーを使いたいですね。

 

※髪質、悩み別におすすめのシャンプー&トリートメントを紹介しています(画像ポチっと押せばシャンプー詳細記事に移動)

サブコンテンツ

このページの先頭へ