パサつく髪に起こりがちな静電気の防ぎ方

c9f893b026b2ada4f5d9ac3ed8373fbd_s
秋や冬の寒い季節になってくると、車の乗り降りや人にふっと触れた時に、パチッと静電気がくることってよくありますよね。

特に冬になると乾燥が激しくなるので肌だけでなく、髪も乾燥してパサつきがちではないでしょうか?

湿度が低いと乾燥しやすく静電気も発生しやすくなっているので、それが髪のダメージの原因だったりもするのでなるべく静電気は避けたいですね。

でも静電気を防ぐなんて不意をついてくるのになかなか難しいのですが、髪の静電気を起こさないように防ぐにはいくつかポイントがあります。

基本的に静電気が起きる原因は物と物が擦れて摩擦が起きることで静電気を発生させます。

湿度が高い夏場でも起きるのですが、乾燥が激しい冬場の環境の方が電気を帯びやすくなるので静電気が発生しやすくなります。

発生する原因は分かりましたが、髪の静電気を防ぐにはどのようにするのが良いのでしょうか?

まず簡単にできる防ぎ方としてワックスやスプレーなどの整髪料を髪につけるということです。

整髪料って髪につけることで髪にダメージを与えると思ってる人もいるのですが、そうではありません。

整髪料をつけることで髪にツヤ感を出したり、パサつきを抑えてくれる効果もあるんです。

オイルをつけることも静電気の予防として効果は高いのですが、髪の毛がぺたーとなったりすることもあるので髪質によってはオイルはあまり向いていないということもあります。

そして極力擦ったり、摩擦しないように過ごすことが大切です。

摩擦しないように過ごすなんて無理だよ!と思われるかもしれませんが、顔まわりにつけているマフラー、ストール、ニット帽、フード付きの服など擦れ易い服や帽子を着ないということだけでもパサつく髪にありがちな静電気を防ぐ防止策になります。

パサつく髪だとごわごわしたり、広がりの原因にもなるので髪を傷めないように、なるべく静電気を発生させないようにしましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ