効果を高める正しいシャンプーのやり方

1fd2a3154da0342480feb9e658f22da6_s
どんなにいいシャンプーを使っていても間違ったシャンプーの仕方のままではシャンプーを替えても一定の効果は望めますが、高い効果は得られません。

シャンプーなんて洗えばいいんじゃないの?と思ってる人も少なくありませんが、はっきり言ってそれは間違いです。

髪を洗うというのは毎日行うヘアケアなので、そのためにも効果を高める正しいシャンプーのやり方を身につけましょう。

 

  • シャンプー前にブラッシングをする

毛先から徐々に徐々に髪の毛をとかし、髪のほつれやほこりを取ります。

いきなり根元からブラッシングすると髪通りが悪いので、目の荒いブラシで毛先から数回ブラッシングするのがポイントです。

 

  • 地肌を濡らしぬるま湯で髪や頭皮を洗う

シャワーヘッドを地肌につけるようにあてて、ぬるま湯で地肌を濡らすことでシャンプーの泡立ちをよくする効果があります。

この時のお湯の温度は38度がベストです、温度が高いと皮脂も落ちやすいのですが、落ちすぎて髪がパサつくこともあるので少しぬるいかなと思える温度がいいですね。

そして指の腹を使って地肌を洗いながら、髪についている整髪料をしっかり落とすことが大切です。

シャンプーをつけるのに濡らしているだけと思っている人もかなりいますが、このお湯洗いが汚れの70%を落とす大切なケアになります。

 

  • 髪の水気を切る

髪に水分がつきすぎているとシャンプー中に流れ落ちて背中ニキビの原因になったり、水と一緒にシャンプーも垂れ流れてしまうことで泡立ちも悪くなってしまいます。

予洗の後は髪を手でギュッと搾ってください。

 

  • シャンプーを適量取り、泡立ててから頭に乗せて洗う

まずシャンプー剤の適量ってどのくらいなの?と言われる人も多いと思いますが、ロングで2プッシュ、ミディアムで1プッシュで十分です。

それだと泡立ちが悪いと思う人はシャンプー前の前洗いが少ないことが多いです。

手に取ったシャンプー剤は手で少し泡立ててから髪全体の地肌に乗せるように泡をつけていってください。

首の付け根や後頭部は髪を持ち上げてからつけると、つけやすいです。

シャンプー剤は原液のまま頭につけると頭皮全体に行き渡りにくかったり、流し残しで頭皮のかゆみや炎症も起こってしまうので泡立ててからシャンプーしてください。

 

  • 頭皮をマッサージするように洗う

整髪料がついてるからと、髪の毛ばかり洗う人もいますが頭皮をあらうことで自然と髪も洗うことができます。

頭皮を揉みこむように洗い、襟足、耳の裏、つむじ周辺など洗い残しがないようにしっかり洗ってあげてください。

この時にどうしてもシャンプー剤が足りないようなら少し足してあげてみてください。

マッサージしながらシャンプーすることで頭皮の血行も良くなるので、頭皮の活性化、抜け毛予防にもなります。

 

  • シャンプーした後はしっかりすすぐこと!

地肌についたシャンプーをしっかり落とすようにしてシャワーで流してください。

せっかくしっかり洗ってもすすぎ残しがあっては意味がありません。

シャンプーのぬるっとした感じが無くなってもまだ頭皮には残ってるということもあるので、あなたが思っている以上にきれいに流すことがポイントです。

丁寧に洗髪することでシャンプーの効果をより高めることができます。

 

時間も髪をとかしてから、シャンプー剤を流すまで10分程度の時間で済みます。

頭を洗うってお肌と一緒で毎日やるケアなので正しいやり方でヘアケアしていくことが大切です。

 

※髪質、悩み別におすすめのシャンプー&トリートメントを紹介しています(画像ポチっと押せばシャンプー詳細記事に移動)

サブコンテンツ

このページの先頭へ